認定看護師部門

授業風景

認定看護師教育課程の修了式が挙行されました。

2017年3月6日(月)

 樋村福井県看護協会長をはじめとして,多くの方々のご臨席をいただき,認定看護師教育課程40名(慢性呼吸器疾患看護/手術看護分野)の修了式が挙行されました。

修了生代表の高山赤十字病院看護師 中丸 義則さんが,「5月の認定看護師本審査に向けて,仕事と勉強を両立させ,実践と知識の統合を図りながら学びを深め,全員での合格を目指して努力を続けたいと」と抱負を述べました。

慢性呼吸器疾患看護 認定看護師教育課程第6期修了生

慢性呼吸器疾患看護 認定看護師教育課程第6期修了生

手術看護 認定看護師教育課程第3期修了生

手術看護 認定看護師教育課程第3期修了生

認定看護師教育課程の修了式が挙行されました。

2016年3月7日(月)

 平成28年3月7日(月),樋村福井県看護協会長をはじめとして,多くの方々のご臨席をいただき,認定看護師教育課程(慢性呼吸器疾患看護/手術看護分野)の修了式が挙行されました。県内外から集まった研修生45名は,全員無事に修了しました。

慢性呼吸器疾患看護 認定看護師教育課程第5期修了生

慢性呼吸器疾患看護 認定看護師教育課程第5期修了生

手術看護 認定看護師教育課程第2期修了生

手術看護 認定看護師教育課程第2期修了生

認定看護師教育課程(慢性呼吸器疾患看護分野/手術看護分野)入学式を挙行しました

2015年7月1日(水)

 平成27年5月29日に大学院医学系研究科附属地域医療高度化教育研究センターの看護キャリアアップ部門 認定看護師教育課程入学式を挙行しました。
 
この課程は平成23年度に設置され、本年度は県内外から慢性呼吸器疾患看護分野の第5期生となる24名および平成26年度より設置された手術看護分野の第2期生となる22名、総勢46名の現役看護師が入学しました。
来年1月までの約8カ月間にわたり認定看護師資格取得に向けて専門知識を習得します。
 
式では、研修生を代表して、JR札幌病院(北海道)の原 義和さんが
「常に患者や家族の立場に立った医療を提供する姿勢は変わりませんが、専門職業人としての意思と責任を貫くために新たな知識と技術を構築したい。
臨床において実践・指導・相談の役割を遂行するため、研修に臨みたい」
と抱負を述べました。
 
同センター長谷川智子看護キャリアアップ部門長は
「ここでのすべての経験は財産になります。
高度なケアを受けられる患者さんはまだまだ少ない。
学んだことをそれぞれの場所で広めて、どんどん仲間を増やしてください」
と激励の言葉を贈りました。
 
今後、資格取得を目指し、来年1月の課程修了試験および5月の日本看護協会の認定試験に臨みます。

平成26年度 認定看護師教育課程の入学式が挙行されました。

2014年5月30日(金)

 平成26年5月30日(金),樋村福井県看護協会長をはじめとして,多くの方々のご臨席をいただき,本学認定看護師教育課程の入学式が挙行されました。県内外から集まった看護師51名が,「慢性呼吸器疾患看護」「手術看護」分野の認定看護師を目指し,約6か月間の教育課程を履修します。
 式では,石﨑部門長が,研修生に対し「仲間と勉学に励み,そして福井を堪能して欲しい」と激励しました。
 続いて,研修生を代表し田神由香さんが,「病院の期待を背負ってきたので,病院に戻ってその知識を伝え,活動したい」と力強く宣誓しました。
その後,樋村福井県看護協会長から「福井を学びの場として選んでいただき,大変嬉しく思う。福井県全体で研修生の皆様を応援したい」と期待を込めたご祝辞をいただきました。
 これより,51名の研修生は長谷川・橘両副部門長,酒井看護学科長,淺川主任教員,桒原専任教員,宮川専任教員及び関連教員の指導のもと講義・実習を受け,来年5月の日本看護協会の認定試験合格を目指します。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師教育課程第三期生の修了式が挙行されました。

2014年3月14日(金)

 平成26年3月14日(金)、樋村福井県看護協会会長をはじめとして、多くの方々のご臨席をいただき、慢性呼吸器疾患看護認定看護師教育課程第三期生の修了式が挙行されました。県内外から集まった研修生29名は、全員無事に修了しました。

式では、石﨑部門長が研修生に激励の言葉を贈りました。

石﨑部門長より、研修生一人一人に修了証を授与されました。

樋村福井県看護協会会長から今後の活躍に期待を込めたご祝辞をいただきました。

研修生代表として、岩村俊彦さんが謝辞を述べました。

慢性呼吸器疾患看護認定教育課程第三期生のみなさん

平成26年度 認定看護師教育課程の受験者説明会は終了いたしました。

2013年7月29日(月)

 「慢性呼吸器疾患看護」「手術看護」の両分野で、70名以上の入学希望者の方に参加していただきました。
皆様、ありがとうございました。

平成25年度 認定看護師教育課程の入学式が挙行されました。

2013年6月20日(木)

 平成25年5月31日(金),石丸福井県看護協会長をはじめとして,多くの方々のご臨席をいただき,本学認定看護師教育課程の入学式が挙行されました。県内外から集まった看護師29名が,「慢性呼吸器疾患看護」分野の認定看護師を目指し,約6か月間の教育課程を履修します。
 式では,石﨑部門長が,研修生に対し「全国に呼吸器の専門医は少ない。職場のリード役になれるよう最新の技術を習得してほしい」と激励しました。
 続いて,研修生を代表し関口浩至さんが,「病院の期待を背負ってきた。一人も脱落することなく初志貫徹したい」と力強く宣誓しました。
その後,山口大学院医学系研究科長から式辞があり,石丸福井県看護協会長から期待を込めたご祝辞をいただきました。
 これより,29名の研修生は長谷川・橘両副部門長,淺川主任教員,桒原専任教員及び関連教員の指導のもと講義・実習を受け,来年5月の日本看護協会の認定試験合格を目指します。

平成25年度 認定看護師教育課程の受験者説明会は終了いたしました。

2012年7月22日(日)

北は北海道、南は沖縄から多数の入学希望者の方に参加していただきました。
皆様、ありがとうございました。

平成24年度 認定看護師教育課程の入学式が挙行されました。

2012年6月1日(金)

 平成24年6月1日(金),石丸福井県看護協会長をはじめとして,多くの方々のご臨席をいただき,本学認定看護師教育課程の入学式が挙行されました。県内外から集まった看護師28名が,「慢性呼吸器疾患看護」分野の認定看護師を目指し,約6か月間の教育課程を履修します。
 式では,石﨑部門長が,研修生に対し「病院や地域で質の高いケアが提供できるように知識と技術を身につけて欲しい」と激励しました。
 続いて,研修生を代表し斎藤修平さんが,「患者の心理的な部分まで考えて専門性の高い看護ができるよう学習に努めたい」と力強く宣誓しました。
その後,上田センター長から式辞があり,石丸福井県看護協会長から期待を込めたご祝辞をいただきました。
 これより,28名の研修生は長谷川・橘両副部門長,淺川主任教員,桒原専任教員及び関連教員の指導のもと講義・実習を受け,来年5月の日本看護協会の認定試験合格を目指します。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師教育課程 第1期生の修了式が挙行されました。

2012年1月20日(金)

 平成24年1月20日(金),石丸福井県看護協会長をはじめとして,多くの方々のご臨席をいただき,全国で初めて開設された慢性呼吸器疾患看護認定看護師教育課程第一期生の修了式が挙行されました。県内外から集まった研修生30名は,約半年間に渡る実習と講義を重ね,全員無事に修了試験に合格し,石﨑部門長から修了証書が手渡されました。今後研修生は,5月に日本看護協会が行う認定試験合格を目指します。

研修生に激励の言葉を贈る石﨑部門長

修了証書授与

祝辞を述べられる石丸福井県看護協会長

謝辞 研修生代表 小林 千穂さん

慢性呼吸器疾患看護認定看護師教育課程第一期生のみなさん