認定看護師部門

認定看護師担当部門について

認定看護師とは、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた者をいい、水準の高い看護実践を通して看護師に対する指導・相談活動を行う者をいいいます。

 

認定看護師は以下の3つの役割を担うとされています。

  1. 実践:個人・家族・集団に対し、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する
  2. 指導:看護職に対し看護実践を通して指導を行う
  3. 相談:看護職に対するコンサルテーションを行う

 

認定看護師として認定されるには、日本国の看護師免許を有しており、実務経験5年以上(うち3年以上は認定看護分野の経験)が必要で、かつ認定看護師教育機関にて認定看護分野に応じた認定看護師教育課程(6ヶ月・600時間以上)を修了し、認定審査(筆記試験)に合格しなければなりません。
※「福井大学大学院医学系研究科附属看護キャリアアップ部門」は新分野「慢性呼吸器疾患看護」の認定看護師教育機関として認可されています。